スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

◆司法書士、行政書士、宅建、FP試験の共通点

 今日、宅建の勉強をしていたのですが、所得税、長期譲渡所得の問題が出てきます。宅建の学習は初めてなのですが、これらの税金関係はFPで学習した論点です。それから、借地借家法は民法の賃貸借の特別法で司法書士の勉強は一通り終わっているので、初めてという気はしませんでした。
 宅建を学習してると、司法書士の登記関係の仕事は不動産取引の一部分であると良くわかりました。
 もちろん、問われるレベルは違いますが、宅建、行政書士、司法書士とも民法は共通です。
又、憲法、会社法/商法は、行政書士と司法書士で共通です。憲法はほぼ同じレベルですが、
会社法/商法は行政書士の学習だけをしてる人には、かなり難問です。5問しか出題されないのにかなりレベルの高い問題が出ます。対応の難しい科目になります。司法書士受験生は得点源です。

 社会保険労務士の試験だけが共通点はあまりありません。あえて言えば、年金関係の問題が行政書士の一般常識で1問でるかな といったところです。

 このように、これらの4つの試験は、全く独立しているわけではなく、少しずつ範囲が重なっているのが面白い点で、同時期に勉強すると、効率のいいこともあります。

スポンサーサイト

2008年09月16日 日記 トラックバック:0 コメント:0

<< ◆頭の中にリンクをつくれ | 国家資格 独学で挑戦中TOP | ◆集中力の不思議 >>



PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。